なぜ、従来の歯科医療だと、2025年に 急増する高齢者のQOLを満たせないのか?

どうなる? 人生100年時代の歯科医療

歯科医院の供給過多、患者数減少など、歯科業界では、さまざまな問題が注目されてきました。しかし、超高齢化社会の到来によって、歯科業界が変わろうとしています。日本は長寿大国であり、4人に1人が65歳以上と言われますが…

高齢患者は、今後も急速に増え続ける

2025年以降、超高齢化の流れは、さらに加速する見込みです。快適な老後を楽しむために、口腔内の健康を強く意識する患者層は、今後、急速に増え続けます。人生100年時代を謳歌する高齢者へ、適切な歯科医療を提供することは、歯科医師の新たな使命になるでしょう。また、高齢化の波は、医院経営においても重要です。

当たり前に自費が選択される時代へ…

高齢者の患者さんは、経済的に余裕があり、ご自身の健康を強く意識する方が、たくさんいます。そのため、自分にとって必要であると感じたなら、問題なく自費診療を受け入れてくれます。しかし、これから先生が遭遇する高齢者は、100歳近く生きる可能性が大きく、従来の歯科医療とは、異なった視点が必要になります。

人生100年時代において、どのような老齢歯科が求められるのか? それは、患者さんそれぞれの全身状態や年齢、ライフスタイルなどを考慮し、長期間を見据えた、QOLの高い歯科医療に他なりません。ケースによっては「歯の終活」のような、治療も求められるでしょう。「でも、具体的に何をどうすれば?」と思われたなら、今回のプログラムは重要です。

なぜなら、人生100年時代におけるQOLの高い老齢歯科について学べるから。講師の相宮先生は、0歳から100歳まで、全世代均等に来院がある人気のクリニックを経営。特に、1時間3万円を目安とした高齢者への治療が、高い評価を得ています。収録内容の一部をご紹介すると…

人生100年時代に求められる「令和の老齢歯科」。口腔機能低下症についても詳しく解説

  • これから伸びる診療分野とは?
  • 患者さんの健康寿命を延ばしQOLを高めるには?
  • 保険と自費の割合の目標
  • 「ここならまた来たい」と思ってもらうには?
  • セルフケアの意識を高めてもらうには?
  • 初診の実践解説
  • 術前のシミュレーションについて
  • 患者さんへ伝える順序とは?
  • 義歯治療の年代別アプローチについて
  • 補綴が多い患者さんの症例
  • そもそも、フレイルとは何か?
  • なぜ、高齢者の歯の保存は重要なのか?
  • 健康な口腔を有する高齢者の特徴
  • オーラルフレイル4つのレベル
  • ポピュレーションアプローチとは?
  • 歯数・義歯使用の有無と認知症の関係
  • 正常な嚥下と、異常な嚥下
  • 口腔機能低下症の保険診療の流れ
  • 口腔機能低下症の保険算定について
  • 舌圧測定器とグルコセンサーの損益分岐点
  • 口腔機能低下症の検査方法(5分で完了)
  • 口腔機能低下症の機能改善法
  • お口の終活について
  • 100歳の患者さんに対する歯科治療の実際

なぜ、従来の歯科医療だと、2025年に 急増する高齢者のQOLを満たせないのか?

どうなる? 人生100年時代の歯科医療

歯科医院の供給過多、患者数減少など、歯科業界では、さまざまな問題が注目されてきました。しかし、超高齢化社会の到来によって、歯科業界が変わろうとしています。日本は長寿大国であり、4人に1人が65歳以上と言われますが…

高齢患者は、今後も急速に増え続ける

2025年以降、超高齢化の流れは、さらに加速する見込みです。快適な老後を楽しむために、口腔内の健康を強く意識する患者層は、今後、急速に増え続けます。人生100年時代を謳歌する高齢者へ、適切な歯科医療を提供することは、歯科医師の新たな使命になるでしょう。また、高齢化の波は、医院経営においても重要です。

当たり前に自費が選択される時代へ…

高齢者の患者さんは、経済的に余裕があり、ご自身の健康を強く意識する方が、たくさんいます。そのため、自分にとって必要であると感じたなら、問題なく自費診療を受け入れてくれます。しかし、これから先生が遭遇する高齢者は、100歳近く生きる可能性が大きく、従来の歯科医療とは、異なった視点が必要になります。

人生100年時代において、どのような老齢歯科が求められるのか? それは、患者さんそれぞれの全身状態や年齢、ライフスタイルなどを考慮し、長期間を見据えた、QOLの高い歯科医療に他なりません。ケースによっては「歯の終活」のような、治療も求められるでしょう。「でも、具体的に何をどうすれば?」と思われたなら、今回のプログラムは重要です。

なぜなら、人生100年時代におけるQOLの高い老齢歯科について学べるから。講師の相宮先生は、0歳から100歳まで、全世代均等に来院がある人気のクリニックを経営。特に、1時間3万円を目安とした高齢者への治療が、高い評価を得ています。収録内容の一部をご紹介すると…

人生100年時代に求められる「令和の老齢歯科」。口腔機能低下症についても詳しく解説

  • これから伸びる診療分野とは?
  • 患者さんの健康寿命を延ばしQOLを高めるには?
  • 保険と自費の割合の目標
  • 「ここならまた来たい」と思ってもらうには?
  • セルフケアの意識を高めてもらうには?
  • 初診の実践解説
  • 術前のシミュレーションについて
  • 患者さんへ伝える順序とは?
  • 義歯治療の年代別アプローチについて
  • 補綴が多い患者さんの症例
  • そもそも、フレイルとは何か?
  • なぜ、高齢者の歯の保存は重要なのか?
  • 健康な口腔を有する高齢者の特徴
  • オーラルフレイル4つのレベル
  • ポピュレーションアプローチとは?
  • 歯数・義歯使用の有無と認知症の関係
  • 正常な嚥下と、異常な嚥下
  • 口腔機能低下症の保険診療の流れ
  • 口腔機能低下症の保険算定について
  • 舌圧測定器とグルコセンサーの損益分岐点
  • 口腔機能低下症の検査方法(5分で完了)
  • 口腔機能低下症の機能改善法
  • お口の終活について
  • 100歳の患者さんに対する歯科治療の実際

講師:相宮秀俊
吹上みなみ歯科院長。半径2km以内に100軒の歯科医院が開業する激戦エリアで開業したにもかかわらず、0歳~100歳まで、全世代均等に来院がある人気のクリニックとなる。特に、高齢者への予防や治療の評価が高く、これまでのトラブルはゼロ。

収録内訳
3セクション(合計164分収録)
特典
レジュメデータ ・ 特典データ

Sec1:欠損の拡大を予防するためのインプラントを用いた治療戦略の実際(53分)
はじめに/歯科の可能性/治療の流れ/患者の基礎知識を高める/症例紹介①/症例紹介②/まとめ
Sec2:高齢者に対するオーバーデンチャー活用法の実際(53分)
咬合の再構築におけるデンチャーの役割/症例紹介① /診断用模型採取/症例紹介②/直接法マグネットアタッチメントの装着法 /まとめ
Sec3:口腔機能低下症患者への検査と臨床の実践(58分)
口腔機能低下症の基本的知識/検査にあたってのポイント/臨床症例に見る 検査と治療の実際/まとめ
販売価格:56,980円+税