「高齢期の予防歯科!欠損拡大を防ぐオーバーデンチャーとオーラルフレイル予防の口腔機能低下症」ZOOMセミナー

5分で完了! オーラルフレイル予防に必要な口腔機能低下症の7つの検査が簡単にできる方法

老齢歯科では、ほとんどのケースで口腔機能の改善が求められます。そのため、口腔機能低下症の検査や治療は、とても重要。現在、多くの歯科医師が注目しているこの分野は、保険算定さえ、理解に悩む先生が多くいらっしゃいます。安心してください。

今回、口腔機能低下症の基本知識、保険算定、検査方法、機能改善方法について、オールインワンで学べます。口腔機能低下症は7つの検査に取り組む必要がありますが、それぞれの検査はとても簡単で慣れると5分で終わります。今回、各検査の実演映像も公開します。

0歳から100歳まで、全世代均等に来院がある人気のクリニックを経営されており、特に、高齢者へQOLの高い治療をすることで、高い評価を得ている相宮先生をお迎えし、Zoomによるライブセミナーを行なうことになりました。テーマは「高齢患者さんに対する予防歯科について」。

相宮先生は、オーラルフレイル予防の口腔機能低下症だけでなく、令和の歯科医療について、このように述べました。

たとえば、高齢者の患者さんが要介護になったとき、インプラントが残存していることでプラークが溜まり、誤嚥性肺炎になることもあります。要介護が想定されるならば、外科ができるうちにインプラントを撤去し、インプラントオーバーデンチャーに変える。令和の老齢歯科では、このような治療計画も必要になります。

人生100年時代の高齢者に対する歯科医療について、専門的に学べる機会は、まだ多くありません。実際、相宮先生のセミナーでは「歯がなくなりだしたら、どのような治療や予防が求められるのか?」という質問が多いとのこと。

つまり、ニーズが急速に増え続けているものの、それに対応できる歯科医院が、まだ多くないのです。

このZoomライブセミナーでは、高齢期の予防歯科として、欠損拡大を防ぐオーバーデンチャーの提案や、オーラルフレイル予防の口腔機能低下症の検査方法から保険診療の流れ、保険算定方法や検査で使用される器具の損益分岐点などを学ぶことができます。

Zoomセミナーの内容の一部を公開すると…

  • これからの医院運営について
    高齢化の推移と将来設計から考えると、歯科医院の運営はどのような展望を持つべきか?
  • これから伸びる診療分野とは?
    予防歯科やインプラント、審美修復、矯正など、さまざまな歯科医療の中で、今後、需要の増加が予測できるものとは?
  • 患者さんの健康寿命を延ばしQOLを高めるには?
    人生100年時代と呼ばれる日本において、とても重要なお話です。1人の患者さんと長いお付き合いをするうえで、意識しておくこととは?
  • 患者さんの平均寿命と健康寿命の差を縮めるには?
    これからも増え続ける高齢の患者さんを、より幸せな状態へ導くには、何が求められるのか?
  • 義歯治療の年代別アプローチについて
    65~74歳、75~89歳、90歳以降のそれぞれにおいて、どのような義歯治療を考えるべきか? 人生100年時代だからこそ、深く考えるべきテーマです。
  • 咬合の再構築におけるデンチャーの役割とは?
    高齢者に対するデンチャーは、どのような考え方でQOLの向上を目指すのか?
  • オーバーデンチャーの診査・診断
    天然歯を用いて義歯を安定させる場合、残根に対する診査・診断で、いくつかの注意点があります。
  • オーバーデンチャーのメリットとデメリット
    追歯する必要がなく、欠損進行への対応がしやすいなど、たくさんのメリットがあるオーバーデンチャー。しかし、デメリットについても、正しく理解しておく必要があります。
  • 本気で意識すべき超高齢化社会
    ご存じですか? 2007年に生まれた子どもの半数が、107歳よりも長く生きるそうですが…
  • 口の役割とは?
    今さら聞くまでもないことかもしれませんが、この機会に見直しませんか? 口腔機能低下症へ取り組むには、欠かせない基礎・基本です。
  • 健康な歯を失うと…
    なぜ、心身機能の低下に影響するのか? これからの歯科医療で無視できない、オーラルフレイルとは?
  • そもそも、フレイルとは何か?
    フレイルには、多面性、中間時期、可逆性の3つの特徴があります。それぞれの特徴を詳しく知ることは、これからの歯科医療において欠かせません。
  • なぜ、高齢者の歯の保存は重要なのか?
    実は、歯の保存数で、要介護のリスクが変わります。要介護のリスクが高まる本数とは…
  • 歯を失う原因とは?
    高齢になるにつれて失われる歯。その原因を、この機会に整理しておきませんか?
  • 健康な口腔を有する高齢者の特徴
    高齢者の口腔を守るならば、8020を達成する高齢者の特徴を、先に知っておくことも重要です。
  • オーラルフレイル4つのレベル
    各レベルによって、フレイルへの影響度は異なりますが、その詳細を解説していただきました。
  • ポピュレーションアプローチとは?
    より健全で、より価値の高い医療の発展において、とても重要な考え方です。
  • 歯数・義歯使用の有無と認知症の関係
    ご存じですか? 実は、歯を失って義歯を使用しないと、認知症のリスクは最大1.9倍になりますが…
  • 正常な嚥下と、異常な嚥下
    ビデオ嚥下造影検査の映像を見ながら、正常と異常の違いを確認しましょう。
  • 口腔機能低下症の保険診療の流れ
    多くの歯科医師が注目している口腔機能低下症。しかし、保険診療の流れについて、不明な点も多くあります。この機会に、すべての流れを把握しませんか?
  • 口腔機能低下症の保険算定について
    クリニックで口腔機能低下症に対応する際、どのように保険算定すればよいのか? その詳細を、わかりやすく解説していただきました。
  • 舌圧測定器とグルコセンサーの損益分岐点
    口腔機能低下症の検査で使用される器具は、月に何名を診療すれば、保険適用でも費用対効果が高くなるのか?
  • 口腔機能低下症の検査方法(5分で完了)
    7つの検査に取り組む必要があります。多くて面倒に思われたかもしれませんが、それぞれの検査は、とても簡単。慣れると5分で終わります。今回は、各検査の実演映像も公開します。
  • 口腔機能低下症の導入を妨げる5つの理由
    興味はあるけども、日常で導入しにくい、うまくいかないと思うなら、この5つの理由を、確認してください。
  • 口腔機能低下症検査を、どこに組み込むか?
    初診、資料採得、診断、治療、メインテナンスの各過程において、口腔機能低下症検査を組み込むタイミングは3つあります。

その他、「映像教材では語られていないこと」や、チャットによる「質疑応答」も企画しています。

このウェビナーに参加された方の声

  • 最近、オーラルフレイルという言葉を良くきいておりましたが、詳細を知らなかったのですが本日のお話で理解することができました。 また、今後は当院でも口腔機能管理についてもとり行っていければと思いました。 本日はありがとうございました。
  • 口腔機能訓練として舌を動かし唾液線マッサージなどいくつかのトレーニングを熱心にされてる患者様から飲み込みがスムーズになったという声も聴けて、ますます 先生の講義を伺い スタッフと共に寄り添いながら診療していく力を頂き、ありがとうございました。
  • 参考になりました

「高齢期の予防歯科!欠損拡大を防ぐオーバーデンチャーとオーラルフレイル予防の口腔機能低下症」ZOOMセミナー

収録時間:72分
5,000円(税込5,500円)
この商品は、2021年12月22日に行われたウェビナーのアーカイブ版です。また、当日の質疑応答部分は、参加者のプライバシー保護の観点から、基本的にカットしております。

5分で完了! オーラルフレイル予防に必要な口腔機能低下症の7つの検査が簡単にできる方法

老齢歯科では、ほとんどのケースで口腔機能の改善が求められます。そのため、口腔機能低下症の検査や治療は、とても重要。現在、多くの歯科医師が注目しているこの分野は、保険算定さえ、理解に悩む先生が多くいらっしゃいます。安心してください。

今回、口腔機能低下症の基本知識、保険算定、検査方法、機能改善方法について、オールインワンで学べます。口腔機能低下症は7つの検査に取り組む必要がありますが、それぞれの検査はとても簡単で慣れると5分で終わります。今回、各検査の実演映像も公開します。

0歳から100歳まで、全世代均等に来院がある人気のクリニックを経営されており、特に、高齢者へQOLの高い治療をすることで、高い評価を得ている相宮先生をお迎えし、Zoomによるライブセミナーを行なうことになりました。テーマは「高齢患者さんに対する予防歯科について」。

相宮先生は、オーラルフレイル予防の口腔機能低下症だけでなく、令和の歯科医療について、このように述べました。

たとえば、高齢者の患者さんが要介護になったとき、インプラントが残存していることでプラークが溜まり、誤嚥性肺炎になることもあります。要介護が想定されるならば、外科ができるうちにインプラントを撤去し、インプラントオーバーデンチャーに変える。令和の老齢歯科では、このような治療計画も必要になります。

人生100年時代の高齢者に対する歯科医療について、専門的に学べる機会は、まだ多くありません。実際、相宮先生のセミナーでは「歯がなくなりだしたら、どのような治療や予防が求められるのか?」という質問が多いとのこと。

つまり、ニーズが急速に増え続けているものの、それに対応できる歯科医院が、まだ多くないのです。

このZoomライブセミナーでは、高齢期の予防歯科として、欠損拡大を防ぐオーバーデンチャーの提案や、オーラルフレイル予防の口腔機能低下症の検査方法から保険診療の流れ、保険算定方法や検査で使用される器具の損益分岐点などを学ぶことができます。

Zoomセミナーの内容の一部を公開すると…

  • これからの医院運営について
    高齢化の推移と将来設計から考えると、歯科医院の運営はどのような展望を持つべきか?
  • これから伸びる診療分野とは?
    予防歯科やインプラント、審美修復、矯正など、さまざまな歯科医療の中で、今後、需要の増加が予測できるものとは?
  • 患者さんの健康寿命を延ばしQOLを高めるには?
    人生100年時代と呼ばれる日本において、とても重要なお話です。1人の患者さんと長いお付き合いをするうえで、意識しておくこととは?
  • 患者さんの平均寿命と健康寿命の差を縮めるには?
    これからも増え続ける高齢の患者さんを、より幸せな状態へ導くには、何が求められるのか?
  • 義歯治療の年代別アプローチについて
    65~74歳、75~89歳、90歳以降のそれぞれにおいて、どのような義歯治療を考えるべきか? 人生100年時代だからこそ、深く考えるべきテーマです。
  • 咬合の再構築におけるデンチャーの役割とは?
    高齢者に対するデンチャーは、どのような考え方でQOLの向上を目指すのか?
  • オーバーデンチャーの診査・診断
    天然歯を用いて義歯を安定させる場合、残根に対する診査・診断で、いくつかの注意点があります。
  • オーバーデンチャーのメリットとデメリット
    追歯する必要がなく、欠損進行への対応がしやすいなど、たくさんのメリットがあるオーバーデンチャー。しかし、デメリットについても、正しく理解しておく必要があります。
  • 本気で意識すべき超高齢化社会
    ご存じですか? 2007年に生まれた子どもの半数が、107歳よりも長く生きるそうですが…
  • 口の役割とは?
    今さら聞くまでもないことかもしれませんが、この機会に見直しませんか? 口腔機能低下症へ取り組むには、欠かせない基礎・基本です。
  • 健康な歯を失うと…
    なぜ、心身機能の低下に影響するのか? これからの歯科医療で無視できない、オーラルフレイルとは?
  • そもそも、フレイルとは何か?
    フレイルには、多面性、中間時期、可逆性の3つの特徴があります。それぞれの特徴を詳しく知ることは、これからの歯科医療において欠かせません。
  • なぜ、高齢者の歯の保存は重要なのか?
    実は、歯の保存数で、要介護のリスクが変わります。要介護のリスクが高まる本数とは…
  • 歯を失う原因とは?
    高齢になるにつれて失われる歯。その原因を、この機会に整理しておきませんか?
  • 健康な口腔を有する高齢者の特徴
    高齢者の口腔を守るならば、8020を達成する高齢者の特徴を、先に知っておくことも重要です。
  • オーラルフレイル4つのレベル
    各レベルによって、フレイルへの影響度は異なりますが、その詳細を解説していただきました。
  • ポピュレーションアプローチとは?
    より健全で、より価値の高い医療の発展において、とても重要な考え方です。
  • 歯数・義歯使用の有無と認知症の関係
    ご存じですか? 実は、歯を失って義歯を使用しないと、認知症のリスクは最大1.9倍になりますが…
  • 正常な嚥下と、異常な嚥下
    ビデオ嚥下造影検査の映像を見ながら、正常と異常の違いを確認しましょう。
  • 口腔機能低下症の保険診療の流れ
    多くの歯科医師が注目している口腔機能低下症。しかし、保険診療の流れについて、不明な点も多くあります。この機会に、すべての流れを把握しませんか?
  • 口腔機能低下症の保険算定について
    クリニックで口腔機能低下症に対応する際、どのように保険算定すればよいのか? その詳細を、わかりやすく解説していただきました。
  • 舌圧測定器とグルコセンサーの損益分岐点
    口腔機能低下症の検査で使用される器具は、月に何名を診療すれば、保険適用でも費用対効果が高くなるのか?
  • 口腔機能低下症の検査方法(5分で完了)
    7つの検査に取り組む必要があります。多くて面倒に思われたかもしれませんが、それぞれの検査は、とても簡単。慣れると5分で終わります。今回は、各検査の実演映像も公開します。
  • 口腔機能低下症の導入を妨げる5つの理由
    興味はあるけども、日常で導入しにくい、うまくいかないと思うなら、この5つの理由を、確認してください。
  • 口腔機能低下症検査を、どこに組み込むか?
    初診、資料採得、診断、治療、メインテナンスの各過程において、口腔機能低下症検査を組み込むタイミングは3つあります。

その他、「映像教材では語られていないこと」や、チャットによる「質疑応答」も企画しています。

このウェビナーに参加された方の声

  • 最近、オーラルフレイルという言葉を良くきいておりましたが、詳細を知らなかったのですが本日のお話で理解することができました。 また、今後は当院でも口腔機能管理についてもとり行っていければと思いました。 本日はありがとうございました。
  • 口腔機能訓練として舌を動かし唾液線マッサージなどいくつかのトレーニングを熱心にされてる患者様から飲み込みがスムーズになったという声も聴けて、ますます 先生の講義を伺い スタッフと共に寄り添いながら診療していく力を頂き、ありがとうございました。
  • 参考になりました

講師:相宮秀俊
吹上みなみ歯科院長。半径2km以内に100軒の歯科医院が開業する激戦エリアで開業したにもかかわらず、0歳~100歳まで、全世代均等に来院がある人気のクリニックとなる。特に、高齢者への予防や治療の評価が高く、これまでのトラブルはゼロ。

収録時間:72分
5,000円(税込5,500円)
この商品は、2021年12月22日に行われたウェビナーのアーカイブ版です。また、当日の質疑応答部分は、参加者のプライバシー保護の観点から、基本的にカットしております。