「GPのための高速無痛抜歯」ZOOMセミナー

“埋伏智歯をたった5分で...”

河合先生
一般臨床歯科医師のための「埋伏智歯を高速/安全・低侵襲に抜歯する方法」とは?
日本口腔外科学会専門医・指導医も推奨するテクニックです。

もし、先生がこんな考え方なら…

  • 埋伏智歯の抜歯は、口腔外科や他院に紹介するのが当然だ
  • 埋伏智歯の抜歯に時間がかかるのは当然だ
  • 埋伏智歯を抜歯した後は、腫れや痛みがでるのは当然だ

本日で、この考え方は過去のものとなります。なぜなら、今回お伝えする技術を使えば、抜歯経験の浅い一般臨床歯科医師でも、埋伏智歯の抜歯時間を短縮できるようになるから。

さらに、術後は「腫れない」「痛くない」「傷の治りが早い」ので、患者さんは大喜び。これまで、口腔外科に依頼するしかなかった患者さんから「先生にお願いして良かった」と言ってもらえるようになります。

教科書や一般的な書籍では学べない新しい技術ですが、その効果は多くの臨床で実証済み。日本口腔外科学会専門医・指導医も推奨しています。埋伏智歯の抜歯で優れた結果を得たいならば、最後までこの案内を読み進めてください。

論より証拠。実際の埋伏智歯のオペ動画をご覧ください…

多くの歯科医師が苦手に感じること

埋伏智歯の抜歯ケースに遭遇することは少なくありません。しかし、先生もご存じのとおり、埋伏智歯の抜歯はとても難しい治療のひとつ。患者負担の大きいオペが必要になり、抜歯に時間がかかります。

また、術後の痛みや腫れなども発生しやすいため、多くの歯科医師が埋伏智歯の抜歯に苦手意識をお持ちです。だからこそ、多くのクリニックが埋伏智歯の抜歯は口腔外科を紹介するそうです。この判断が間違えているとは思いませんが…

患者さんの本音をご存じですか?

患者さんは、なぜ、先生のクリニックへ通うのでしょうか? それは、先生のことを信頼しているからです。埋伏智歯の抜歯が必要になったとき、多くの患者さんが、自分のことをわかってくれているドクターにお願いしたいと思います。

通いなれた歯科医院で、安心して治療を受けたいと願います。そんな患者さんにとって、「口腔外科を紹介します」という言葉は、どのように受け止められるのでしょうか?患者心理としては、心地の良いものではありません。

「紹介されるぐらいなら、やめておく」と言う患者さんもいるそうです。離島、過疎地域のクリニックならば、この問題はなおさら重要です。患者さんの気持ちを考えると、埋伏智歯の抜歯は、先生ご自身で対応するべきだと思いませんか?

医院の信用力にも影響します

「埋伏智歯の抜歯は口腔外科」という常識を、多くの患者さんが知りません。そのため、「口腔外科を紹介します」という一言は、患者さんにとって、かなりのインパクトを持ちます。

わかりやすく言えば「なぜ、先生はできないのですか?」と思われてしまうのです。実際、口腔外科ではない一般の歯科医院でも、埋伏智歯の抜歯に対応しているクリニックはあります。

彼らと比較されることになり、医院の信用力を低下させるリスクも否めません。先生ご自身の手で埋伏智歯の抜歯に取り組むことは、クリニックの信用を守るうえでも重要です。

でも、埋伏智歯の抜歯は難しい…

と悩まれるかもしれませんが、ご安心ください。今回お伝えするテクニックを学ぶことにより、埋伏智歯の症例に遭遇しても、慌てることなく対応できるようになります。

なぜなら、先生ご自身の手で、安全・確実に埋伏智歯が抜歯できるようになるから。これまで他院に紹介していた難症例に遭遇しても、自信を持って「わたしにお任せください」と言えるようになるのです。

しかも、この抜歯テクニックは、先生にこのようなメリットをもたらします。

この埋伏智歯の抜歯テクニックが
もたらす3つのメリットとは?

メリット1「手術時間が大幅に短縮できる」

このテクニックを開発した歯科医師は、通常30分以上かかるオペを、たった5分で完了しています。さらに、この技術を学んだ他のドクターも、オペ時間を大幅に短縮するなどの結果をだしています。

オペ時間が短くなることは、先生だけではなく患者さんにとっても有益なことです。

メリット2「腫れない・この埋伏智歯の抜歯テクニックが痛くない」

「埋伏智歯を抜歯した後は、腫れや痛みがでるのは当然だ」と思っていませんか? 今回の技術を使えば、このような常識は音を立てて崩れ落ちます。なぜなら、術後に「腫れない」「痛くない」抜歯を提供できるから。

メリット3「低侵襲な抜歯なので傷の治りが早い」

通常、埋伏智歯の抜歯は、侵襲性の高いオペが必要になり、患者負担が大きくなります。しかし、この新しいテクニックは、切開部分が明確で、ムダな出血をさせることもなく、とても低侵襲な抜歯を可能にします。そのため、傷の治りが早いメリットもあります。

腫れない・痛くない・傷の治りが早い理由

この抜歯技術のメリットは、オペが早くなるだけではありません。術後に腫れない、痛くない、傷の治りが早いというメリットもあります。一般的に、埋伏智歯の抜歯は、術後に腫れる・痛む・傷の治りに時間がかかると思われていますが、なぜ、このような結果がだせるのでしょうか?その理由は、大きく3つ。1つめの理由は、低侵襲のオペを提供できるから。切開部分が明確で、ムダな出血はさせません。そのため、腫れや痛みを防げるのです。2つめの理由は、オペが早くて正確になるから。オペ時間は短時間の方が、傷の治りは早くなります。魚をさばくとき、早くて正確な方が鮮度を保てるのと同じです。3つめの理由は、切開や縫合の技術。多くの抜歯症例を経験しながら、河合先生は「腫れの原因を抑える縫合法」など、優れた技術を考えてきました。これらの技術は、一般的に知られているものとは異なります。なぜなら…

教科書では学べないテクニック

埋伏智歯の抜歯について、先生もこれまでに何度か学んできたことでしょう。しかし、今回、先生が手に入れる河合先生の技術は、初めて見聞きする内容となります。なぜなら、教科書や現在流通している一般の専門書では紹介されていないから。河合先生ご自身も「抜歯の常識として教わる技術とは、かなり異なる」と仰っています。つまり、多くの先生にとってインパクトの大きい技術になるのですが、ご安心ください。河合先生は年間2,500本以上の抜歯を行い、今回の技術を使って、多くの患者さんを感動させてきました。また、河合先生の技術は、日本口腔外科学会専門医・指導医も推奨しています。埋伏智歯の抜歯のプロでさえ認めている技術なのです。

口腔外科教授推薦の抜歯技術

蕨にしき町歯科・口腔外科院長 佐藤泰則 先生

「抜歯技術だけでなく口腔外科を学ぶ上でも大変価値のある技術です!」

河合先生とは、私の恩師でもあり、埼玉医科大学歯科口腔外科名誉教授高久暹先生を通じて、防衛医科大学校歯科口腔外科の講義を手伝っていただいたご縁から、10年以上にわたり、共に学ばせていただいております。

先生は東京歯科大学大学院(オーラルメディシン・口腔外科学)修了後に東京西徳洲会病院に赴任され、高久先生の下で口腔外科技術の研鑽を積み、薫陶を受けてすばらしい臨床家になられました。この10年の中で、先生とは学会活動を通じて埋伏智歯に関する論文も共同で執筆し、互いに埋伏智歯や外傷に関する臨床研究に励みながら、同じ高久門下生として大いに刺激を受けてきました。

今回触れられる術式も従来法を踏襲しつつ、河合先生が独自で考案した、新たなエッセンスが加わったすばらしい内容となっております。さらに、全身疾患、静脈内鎮静法など口腔外科と歯科麻酔の基本も学ぶことができるだけでなく、効率的かつ低侵襲な手術を行う肝所が詰まっており、河合先生の知識や経験、技術をまとめた集大成の入り口的なセミナーと言えます。快刀乱麻の鮮やかな手術手技を、ぜひご覧になってください。

防衛医科大学校大学校歯科口腔外科名誉教授
蕨にしき町歯科・口腔外科院長
日本口腔外科学会指導医・専門医

佐藤 泰則先生

Zoomセミナーの内容の一部を公開すると…

  • 静脈内鎮静法について
      
  • 局所麻酔の種類
      
  • 術前の検査・リスク評価
      
  • 埋伏智歯抜歯の準備
      
  • 下顎埋伏智歯抜歯の伝達麻酔、切開線の設定
      
  • 下顎埋伏智歯の分類とアプローチ
      
  • 埋伏智歯の抜歯(動画解説)
      
  • 静脈内鎮静法の準備
      
  • 静脈内鎮静法を併用した埋伏智歯の抜歯(動画解説)
      
  • 「それは、どこの歯医者さん?」と噂されるクリニックを目指しませんか?

    最近の患者さんは事前にネットで調べてから、歯科医院へ訪れます。つまり、埋伏智歯の抜歯は「オペに時間がかかる」「治療後は腫れるし痛い」という情報を知った状態で来院します。このような患者さんを、良い意味で裏切る結果がだせれば、どうなるでしょうか? 短時間で、腫れない、痛くない埋伏智歯の抜歯を提供したら、患者さんは言うまでもなく感動しますよね。その感動が、クチコミとなり、先生のクリニックの評価を高めることは言うまでもありません。また、埋伏智歯の抜歯のように、通常よりも大がかりなオペが必要になる治療は、職場や学校で話題にのぼりやすいものです。たとえば、「最近、中に埋まっていた親知らずを手術で抜いたけど、10分くらいで終わったよ」「腫れないし、痛くなかったし、かなり良かったよ」となれば、聞き手はどのような反応をするでしょうか?「それって、どこの歯医者さん?」と聞き返しますよね。腕の良さと技術力で、もっと多くの患者さんから選ばれるクリニックを目指すならば、埋伏智歯の抜歯で、他院にはマネできない結果をだし続けるのも、ひとつの方法ではないでしょうか?

    既存患者の期待を裏切らないためにも…

    多くのクリニックが、埋伏智歯の抜歯は口腔外科を紹介します。しかし、既存患者の本音は、他院に紹介されることを快く思いません。できれば、通いなれたクリニックで、自分のことをわかってくれるドクターに抜歯してもらいたいと願っています。離島や過疎地域でのクリニックだと、この問題はなおさら重要です。患者さんによっては「先生が抜かないのなら、やめておく」という方もいらっしゃいます。ぜひ、今回の技術を取り入れ、埋伏智歯の抜歯をご自身の手で対応できるようになりませんか?そして、大切な患者さんの期待を裏切らない診療を提供していきませんか?

    高速抜歯のスペシャリストの技術が 6,600円で自宅で手に入る! アーカイブで見逃しても安心♪

    ZOOMセミナーですのでご自宅から参加できますし、アーカイブ配信もございますので、急用で当日参加できなくても後日視聴できて安心です。次回の開催は現在のところ予定にありませんので、松下先生の講義を受けられるチャンスは2度とないかも知れません。お忘れの前に、ぜひ安心してお申し込み下さいませ…

    ウェビナーイメージ

    このウェビナーに参加された方の声

    • 実際の治療動画を見ることができ参考になりました。ありがとうございました。
    • 分かり易くとても良かったです。 貴重な御講演ありがとうございました。
    • 中抜き抜歯使えそうです ありがとうございました
    • 勉強になりました。器具の使い方など再確認できました。 ありがとうございました。
    • もう少し骨削、分割の手順を症例で見たかったです。 ありがとうございました。
    • 症例が見れて非常に良かった。抜歯の手技 骨削除の程度など図示してもらったが模型でも良いのでもっと見たかった。また 症例があればもっと見たかった。また機会あれば第二弾を見たい
    • 動画がたくさんあり良かったですが、もう少し拡大した画像が見たかったです。
    • 面白い内容でした!
    • 勉強になりました。ありがとうございます。
    • 止血以外で、sedation下とawakeで行う時のmethodに違いが有るのかどうかを教えて頂ければと思います
    • とても勉強になりました。ありがとうございました。
    • 鎮静法なしの抜歯も見たかった。親知らず以外の抜歯でも苦労することがあるので、それも教えてほしかった。

“埋伏智歯をたった5分で...”

河合先生
一般臨床歯科医師のための「埋伏智歯を高速/安全・低侵襲に抜歯する方法」とは?
日本口腔外科学会専門医・指導医も推奨するテクニックです。

もし、先生がこんな考え方なら…

  • 埋伏智歯の抜歯は、口腔外科や他院に紹介するのが当然だ
  • 埋伏智歯の抜歯に時間がかかるのは当然だ
  • 埋伏智歯を抜歯した後は、腫れや痛みがでるのは当然だ

本日で、この考え方は過去のものとなります。なぜなら、今回お伝えする技術を使えば、抜歯経験の浅い一般臨床歯科医師でも、埋伏智歯の抜歯時間を短縮できるようになるから。

さらに、術後は「腫れない」「痛くない」「傷の治りが早い」ので、患者さんは大喜び。これまで、口腔外科に依頼するしかなかった患者さんから「先生にお願いして良かった」と言ってもらえるようになります。

教科書や一般的な書籍では学べない新しい技術ですが、その効果は多くの臨床で実証済み。日本口腔外科学会専門医・指導医も推奨しています。埋伏智歯の抜歯で優れた結果を得たいならば、最後までこの案内を読み進めてください。

論より証拠。実際の埋伏智歯のオペ動画をご覧ください…

多くの歯科医師が苦手に感じること

埋伏智歯の抜歯ケースに遭遇することは少なくありません。しかし、先生もご存じのとおり、埋伏智歯の抜歯はとても難しい治療のひとつ。患者負担の大きいオペが必要になり、抜歯に時間がかかります。

また、術後の痛みや腫れなども発生しやすいため、多くの歯科医師が埋伏智歯の抜歯に苦手意識をお持ちです。だからこそ、多くのクリニックが埋伏智歯の抜歯は口腔外科を紹介するそうです。この判断が間違えているとは思いませんが…

患者さんの本音をご存じですか?

患者さんは、なぜ、先生のクリニックへ通うのでしょうか? それは、先生のことを信頼しているからです。埋伏智歯の抜歯が必要になったとき、多くの患者さんが、自分のことをわかってくれているドクターにお願いしたいと思います。

通いなれた歯科医院で、安心して治療を受けたいと願います。そんな患者さんにとって、「口腔外科を紹介します」という言葉は、どのように受け止められるのでしょうか?患者心理としては、心地の良いものではありません。

「紹介されるぐらいなら、やめておく」と言う患者さんもいるそうです。離島、過疎地域のクリニックならば、この問題はなおさら重要です。患者さんの気持ちを考えると、埋伏智歯の抜歯は、先生ご自身で対応するべきだと思いませんか?

医院の信用力にも影響します

「埋伏智歯の抜歯は口腔外科」という常識を、多くの患者さんが知りません。そのため、「口腔外科を紹介します」という一言は、患者さんにとって、かなりのインパクトを持ちます。

わかりやすく言えば「なぜ、先生はできないのですか?」と思われてしまうのです。実際、口腔外科ではない一般の歯科医院でも、埋伏智歯の抜歯に対応しているクリニックはあります。

彼らと比較されることになり、医院の信用力を低下させるリスクも否めません。先生ご自身の手で埋伏智歯の抜歯に取り組むことは、クリニックの信用を守るうえでも重要です。

でも、埋伏智歯の抜歯は難しい…

と悩まれるかもしれませんが、ご安心ください。今回お伝えするテクニックを学ぶことにより、埋伏智歯の症例に遭遇しても、慌てることなく対応できるようになります。

なぜなら、先生ご自身の手で、安全・確実に埋伏智歯が抜歯できるようになるから。これまで他院に紹介していた難症例に遭遇しても、自信を持って「わたしにお任せください」と言えるようになるのです。

しかも、この抜歯テクニックは、先生にこのようなメリットをもたらします。

この埋伏智歯の抜歯テクニックが
もたらす3つのメリットとは?

メリット1「手術時間が大幅に短縮できる」

このテクニックを開発した歯科医師は、通常30分以上かかるオペを、たった5分で完了しています。さらに、この技術を学んだ他のドクターも、オペ時間を大幅に短縮するなどの結果をだしています。

オペ時間が短くなることは、先生だけではなく患者さんにとっても有益なことです。

メリット2「腫れない・この埋伏智歯の抜歯テクニックが痛くない」

「埋伏智歯を抜歯した後は、腫れや痛みがでるのは当然だ」と思っていませんか? 今回の技術を使えば、このような常識は音を立てて崩れ落ちます。なぜなら、術後に「腫れない」「痛くない」抜歯を提供できるから。

メリット3「低侵襲な抜歯なので傷の治りが早い」

通常、埋伏智歯の抜歯は、侵襲性の高いオペが必要になり、患者負担が大きくなります。しかし、この新しいテクニックは、切開部分が明確で、ムダな出血をさせることもなく、とても低侵襲な抜歯を可能にします。そのため、傷の治りが早いメリットもあります。

腫れない・痛くない・傷の治りが早い理由

この抜歯技術のメリットは、オペが早くなるだけではありません。術後に腫れない、痛くない、傷の治りが早いというメリットもあります。一般的に、埋伏智歯の抜歯は、術後に腫れる・痛む・傷の治りに時間がかかると思われていますが、なぜ、このような結果がだせるのでしょうか?その理由は、大きく3つ。1つめの理由は、低侵襲のオペを提供できるから。切開部分が明確で、ムダな出血はさせません。そのため、腫れや痛みを防げるのです。2つめの理由は、オペが早くて正確になるから。オペ時間は短時間の方が、傷の治りは早くなります。魚をさばくとき、早くて正確な方が鮮度を保てるのと同じです。3つめの理由は、切開や縫合の技術。多くの抜歯症例を経験しながら、河合先生は「腫れの原因を抑える縫合法」など、優れた技術を考えてきました。これらの技術は、一般的に知られているものとは異なります。なぜなら…

教科書では学べないテクニック

埋伏智歯の抜歯について、先生もこれまでに何度か学んできたことでしょう。しかし、今回、先生が手に入れる河合先生の技術は、初めて見聞きする内容となります。なぜなら、教科書や現在流通している一般の専門書では紹介されていないから。河合先生ご自身も「抜歯の常識として教わる技術とは、かなり異なる」と仰っています。つまり、多くの先生にとってインパクトの大きい技術になるのですが、ご安心ください。河合先生は年間2,500本以上の抜歯を行い、今回の技術を使って、多くの患者さんを感動させてきました。また、河合先生の技術は、日本口腔外科学会専門医・指導医も推奨しています。埋伏智歯の抜歯のプロでさえ認めている技術なのです。

口腔外科教授推薦の抜歯技術

蕨にしき町歯科・口腔外科院長 佐藤泰則 先生

「抜歯技術だけでなく口腔外科を学ぶ上でも大変価値のある技術です!」

河合先生とは、私の恩師でもあり、埼玉医科大学歯科口腔外科名誉教授高久暹先生を通じて、防衛医科大学校歯科口腔外科の講義を手伝っていただいたご縁から、10年以上にわたり、共に学ばせていただいております。

先生は東京歯科大学大学院(オーラルメディシン・口腔外科学)修了後に東京西徳洲会病院に赴任され、高久先生の下で口腔外科技術の研鑽を積み、薫陶を受けてすばらしい臨床家になられました。この10年の中で、先生とは学会活動を通じて埋伏智歯に関する論文も共同で執筆し、互いに埋伏智歯や外傷に関する臨床研究に励みながら、同じ高久門下生として大いに刺激を受けてきました。

今回触れられる術式も従来法を踏襲しつつ、河合先生が独自で考案した、新たなエッセンスが加わったすばらしい内容となっております。さらに、全身疾患、静脈内鎮静法など口腔外科と歯科麻酔の基本も学ぶことができるだけでなく、効率的かつ低侵襲な手術を行う肝所が詰まっており、河合先生の知識や経験、技術をまとめた集大成の入り口的なセミナーと言えます。快刀乱麻の鮮やかな手術手技を、ぜひご覧になってください。

防衛医科大学校大学校歯科口腔外科名誉教授
蕨にしき町歯科・口腔外科院長
日本口腔外科学会指導医・専門医

佐藤 泰則先生

Zoomセミナーの内容の一部を公開すると…

  • 静脈内鎮静法について
      
  • 局所麻酔の種類
      
  • 術前の検査・リスク評価
      
  • 埋伏智歯抜歯の準備
      
  • 下顎埋伏智歯抜歯の伝達麻酔、切開線の設定
      
  • 下顎埋伏智歯の分類とアプローチ
      
  • 埋伏智歯の抜歯(動画解説)
      
  • 静脈内鎮静法の準備
      
  • 静脈内鎮静法を併用した埋伏智歯の抜歯(動画解説)
      
  • 「それは、どこの歯医者さん?」と噂されるクリニックを目指しませんか?

    最近の患者さんは事前にネットで調べてから、歯科医院へ訪れます。つまり、埋伏智歯の抜歯は「オペに時間がかかる」「治療後は腫れるし痛い」という情報を知った状態で来院します。このような患者さんを、良い意味で裏切る結果がだせれば、どうなるでしょうか? 短時間で、腫れない、痛くない埋伏智歯の抜歯を提供したら、患者さんは言うまでもなく感動しますよね。その感動が、クチコミとなり、先生のクリニックの評価を高めることは言うまでもありません。また、埋伏智歯の抜歯のように、通常よりも大がかりなオペが必要になる治療は、職場や学校で話題にのぼりやすいものです。たとえば、「最近、中に埋まっていた親知らずを手術で抜いたけど、10分くらいで終わったよ」「腫れないし、痛くなかったし、かなり良かったよ」となれば、聞き手はどのような反応をするでしょうか?「それって、どこの歯医者さん?」と聞き返しますよね。腕の良さと技術力で、もっと多くの患者さんから選ばれるクリニックを目指すならば、埋伏智歯の抜歯で、他院にはマネできない結果をだし続けるのも、ひとつの方法ではないでしょうか?

    既存患者の期待を裏切らないためにも…

    多くのクリニックが、埋伏智歯の抜歯は口腔外科を紹介します。しかし、既存患者の本音は、他院に紹介されることを快く思いません。できれば、通いなれたクリニックで、自分のことをわかってくれるドクターに抜歯してもらいたいと願っています。離島や過疎地域でのクリニックだと、この問題はなおさら重要です。患者さんによっては「先生が抜かないのなら、やめておく」という方もいらっしゃいます。ぜひ、今回の技術を取り入れ、埋伏智歯の抜歯をご自身の手で対応できるようになりませんか?そして、大切な患者さんの期待を裏切らない診療を提供していきませんか?

    高速抜歯のスペシャリストの技術が 6,600円で自宅で手に入る! アーカイブで見逃しても安心♪

    ZOOMセミナーですのでご自宅から参加できますし、アーカイブ配信もございますので、急用で当日参加できなくても後日視聴できて安心です。次回の開催は現在のところ予定にありませんので、松下先生の講義を受けられるチャンスは2度とないかも知れません。お忘れの前に、ぜひ安心してお申し込み下さいませ…

    ウェビナーイメージ

    このウェビナーに参加された方の声

    • 実際の治療動画を見ることができ参考になりました。ありがとうございました。
    • 分かり易くとても良かったです。 貴重な御講演ありがとうございました。
    • 中抜き抜歯使えそうです ありがとうございました
    • 勉強になりました。器具の使い方など再確認できました。 ありがとうございました。
    • もう少し骨削、分割の手順を症例で見たかったです。 ありがとうございました。
    • 症例が見れて非常に良かった。抜歯の手技 骨削除の程度など図示してもらったが模型でも良いのでもっと見たかった。また 症例があればもっと見たかった。また機会あれば第二弾を見たい
    • 動画がたくさんあり良かったですが、もう少し拡大した画像が見たかったです。
    • 面白い内容でした!
    • 勉強になりました。ありがとうございます。
    • 止血以外で、sedation下とawakeで行う時のmethodに違いが有るのかどうかを教えて頂ければと思います
    • とても勉強になりました。ありがとうございました。
    • 鎮静法なしの抜歯も見たかった。親知らず以外の抜歯でも苦労することがあるので、それも教えてほしかった。

    「GPのための高速無痛抜歯」ZOOMセミナー

    収録時間:73分
    6,000円(税込6,600円)
    この商品は、2022年4月6日に行われたウェビナーのアーカイブ版です。また、当日の質疑応答部分は、参加者のプライバシー保護の観点から、基本的にカットしております。

    講師:河合毅師
    通常30分以上かかる埋伏智歯の抜歯を、たった5分で抜歯する技術を開発。その技術を学ぶために、海外からも多くのドクターが、河合先生のクリニックを訪れる。年間2,500本以上の抜歯を行い、多くの患者さんを痛くない、腫れない、傷の治りが早い抜歯で感動させてきた。