「収益が加速する!小児歯科の難題攻略マニュアル」ウェビナー

開業4ヵ月で、通帳残高1万円を切りました…

開業してから4ヵ月経ちましたが、来院が増えません。気が付けば、通帳の残高は5ケタを切ることに…。

医院経営どころか、生活さえも次第に苦しくなりはじめました。

「こんなはずじゃなかった…」
「やはり、立地が悪いのか?」
「いったい、どうすれば良いのか?」

考えても、考えても答えはでません。このままでは、家族を養うこともできません。

次第に、月曜日の朝が苦しくなり、医院に近づくと、胃が痛くなるほどのストレスを抱えました。過度なストレスにより、一時は病気を発症するほど心身が悪化します。

「どうしよう、本当にマズイ」
「おれ、やってしまったんじゃないか?」

心は常に不安定な状態です。ささいなことで、スタッフを怒鳴る回数も増え、院内の雰囲気は、日を追うごとに悪くなりました。

熱い想いと誇りを持って開業したのに、現実は地獄。莫大な借金を、どうやって返せばよいのか?

この先も、大切な家族に苦労をかけ続けるのか?開業したことを心より悔みました。

彼は、閉院どころか、歯科医師を辞めたいとさえ思うようになりました。

この状況から…
保険メインの小児歯科で年商2億4500万円を突破。分院展開にも成功!

現在の彼の活躍を、いったい誰が想像できたでしょうか?

彼のクリニックは今、霧島市内の子どもの半数が来院する人気の小児歯科となりました。

彼の名は「宮川尚之」先生。

今回、先生がウェビナーで手に入れる小児歯科診療は、宮川先生が歯科医師人生を激変させた方法の一部です。

宮川先生
“最新の小児歯科診療ノウハウを一部公開”

小児歯科の難題と、みやかわ小児矯正歯科の実際

▼ 小児歯科の難題

難題① 採算が良くない
難題② 患児が治療に消極的
難題③ 術中の行動管理が難しい

▼ みやかわ小児矯正歯科の実際

実際① 採算が合うどころか、収益性の高い診療に変わる
実際② 患児が自分の意志で「先生、治療をお願いします」と言う
実際③ 患児の体動をコントロールし、安全快適に治療できる

宮川先生の小児歯科実践ノウハウを使い、小児歯科を成功させましょう。

歯科医院数が増え続け、患者数が減り続ける今、新患の獲得は今後も難しくなるでしょう。

つまり、これからの歯科医院経営では、予防診療による定期収入の確保が急務です。

宮川先生の小児診療は患者満足度が高いため、治療後、定期管理へステップアップする患児が増え続けます。

つまり、小児歯科の来院が増えれば増えるほど、先生のクリニックには定期管理の患児が増え続け、定期収入も増え続けるのです。

また、小児歯科の来院が増えれば、自然と矯正の相談も多くなりますから、自費診療の受療率を高めることも難しくありません。

ご自宅から参加できますし、アーカイブ配信もございますので、急遽当日参加できなくても後日視聴できます。

ぜひ安心して、今すぐお申し込み下さいませ…

ウェビナーの内容の一部を公開すると…

  • 小児歯科を不採算診療にしない方法
    従来のやり方だと、どうしても小児歯科は不採算診療になりがちです。しかし、宮川先生は、4つの方法を導入することで、この問題を解決しました。
  • 初診時には治療しません。しかし…
    宮川先生のクリニックでは4つのことを実践します。この取り組みは、次回来院以降の治療において、非常に重要なステップとなります。
  • 初診時のコミュニケーション法
    子どもは知らない人を警戒しますが、この問題を解消するには、初診時のコミュニケーションが重要。どのようにして、子どもと信頼関係を構築するのか?
  • 子どもに治療の必要性を理解してもらう方法
    宮川先生のクリニックでは、エックス線検査や歯周病検査において、おどろくほどわかりやすい解説を実践しています。子どもが前向きになれば、どれほど治療がやりやすくなるでしょうか?   
  • なぜ、子どもが「先生、治療をしてください」と言うのか?
    この時点で、かなり治療を進めやすい状態になっていますが、宮川先生のトレーニング法を実践すれば、どこのクリニックでも、子どもが自らの意志で「先生、治療をお願いします」と言うようになります。
  • なぜ、小児歯科はブロック診療なのか?
    その理由は、治療効率が高まるだけではなく、子どものモチベーション維持や、保護者の負担減少などのメリットがあるから。
  • 笑気吸入鎮静の必要性とは?
    この話を聞けば、小児歯科で笑気吸入鎮静が有益である事実に気づくでしょう。   
  • 症例映像(スタッフとの連携)
    小児歯科では、ドクターとスタッフの連携が重要です。なぜ、治療に入った後、スタッフは一言も発言しないのか?
  • 実は不採算にならない小児歯科
    もし、小児歯科だけで年間8,809,416点になったとしたら、不採算と呼べるでしょうか? 宮川先生の診療方法を実践すれば、この数字をムリなく実現できるのです。
  • むし歯治療が終わったら…
    いよいよ、本当のむし歯治療に入ります。定期管理を通じて、むし歯になる原因を改善し、むし歯にならない口腔環境を獲得していきます。小児歯科においても、予防歯科は重要です。   
  • 保護者にかけちゃう魔法とは?
    もし、口腔内がボロボロの患児が来院したら、先生ならばどうしますか? 間違えても、「どうして、こうなるまで放っておいたのですか?」と言ってはいけません。歯科医師として、どのような応対が適切なのか?
  • なぜ、小児の歯科治療が難しいのか?
    多くの先生が、小児歯科治療は難しいと悩みますが、その理由をこの機会に整理しませんか? 何ごとも、問題の原因を正しく知ることで、正しい解決法を理解できます。
  • 笑気吸入鎮静法で知っておくべきこと
    恐怖心の強い小児に対して有効な方法ですが、「子どもをおとなしくさせる方法」ではありません。自分の意志で吸入する必要があるなど、いくつかの注意点があります。
  • 笑気吸入鎮静法で必要なツール
    3つのツールを用意していただければ、どのクリニックでも笑気吸入鎮静法を導入できます。
  • 鎮静導入までの流れ
    脱窒素、吸入鎮静、治療開始の3ステップで、笑気吸入鎮静法を導入しますが、このレクチャーでは、各ステップにおける注意点を解説いたします。   
  • 眠らせてはいけません!
    笑気吸入鎮静法では、患児を眠らせた方が体動が少なくて良いと考える先生もいますが、この考え方は危険です。なぜなら、患児が、どのような夢を見るかは、コントロールできないから。   
  • 安全確実な笑気吸入鎮静法
    笑気導入の実演映像や、パルスオキシメーターの注意点を解説します。ぜひ、スタッフと一緒にご覧ください。  
  • 患児を主体的に参加させるには?
    治療そのものについては、患児に選択権はありません。しかし、治療以外のことについては、患児へ積極的に参加させる取り組みが必要です。  
  • 無痛的浸潤麻酔の手順
    小児歯科は、なるべく痛みを感じさせない治療が重要です。そのうえで、この無痛的浸潤麻酔の方法は、非常に効果的です。  
  • 浸潤麻酔で使う魔法のコトバ
    カウントダウン法を子ども向けにアレンジした「魔法のコトバ」が、浸潤麻酔のクオリティを向上させます。  
  • 咬傷を防止する方法
    治療後、患児を咬傷から守るには、この方法が効果的です。  

その他、映像教材では語られていない「宮川先生が伝えたいこと」や、Q&Aによる「質疑応答」も企画しています。


「収益が加速する!小児歯科の難題攻略マニュアル」ウェビナー

申し訳ありません。募集を締め切りました。
開催日時
2022年5月24日 19:30~20:50
参加方法
ZOOM(開催日時になりましたらコチラのページ冒頭に、ZOOM入室用URLが表示されますので、ブックマークして保存をお願いします。また、開催当日にリマインドメールを合わせてお送りします。)
参加費
6,000円(税込6,600円)
アーカイブ映像の公開
あり

開業4ヵ月で、通帳残高1万円を切りました…

開業してから4ヵ月経ちましたが、来院が増えません。気が付けば、通帳の残高は5ケタを切ることに…。

医院経営どころか、生活さえも次第に苦しくなりはじめました。

「こんなはずじゃなかった…」
「やはり、立地が悪いのか?」
「いったい、どうすれば良いのか?」

考えても、考えても答えはでません。このままでは、家族を養うこともできません。

次第に、月曜日の朝が苦しくなり、医院に近づくと、胃が痛くなるほどのストレスを抱えました。過度なストレスにより、一時は病気を発症するほど心身が悪化します。

「どうしよう、本当にマズイ」
「おれ、やってしまったんじゃないか?」

心は常に不安定な状態です。ささいなことで、スタッフを怒鳴る回数も増え、院内の雰囲気は、日を追うごとに悪くなりました。

熱い想いと誇りを持って開業したのに、現実は地獄。莫大な借金を、どうやって返せばよいのか?

この先も、大切な家族に苦労をかけ続けるのか?開業したことを心より悔みました。

彼は、閉院どころか、歯科医師を辞めたいとさえ思うようになりました。

この状況から…
保険メインの小児歯科で年商2億4500万円を突破。分院展開にも成功!

現在の彼の活躍を、いったい誰が想像できたでしょうか?

彼のクリニックは今、霧島市内の子どもの半数が来院する人気の小児歯科となりました。

彼の名は「宮川尚之」先生。

今回、先生がウェビナーで手に入れる小児歯科診療は、宮川先生が歯科医師人生を激変させた方法の一部です。

宮川先生
“最新の小児歯科診療ノウハウを一部公開”

小児歯科の難題と、みやかわ小児矯正歯科の実際

▼ 小児歯科の難題

難題① 採算が良くない
難題② 患児が治療に消極的
難題③ 術中の行動管理が難しい

▼ みやかわ小児矯正歯科の実際

実際① 採算が合うどころか、収益性の高い診療に変わる
実際② 患児が自分の意志で「先生、治療をお願いします」と言う
実際③ 患児の体動をコントロールし、安全快適に治療できる

宮川先生の小児歯科実践ノウハウを使い、小児歯科を成功させましょう。

歯科医院数が増え続け、患者数が減り続ける今、新患の獲得は今後も難しくなるでしょう。

つまり、これからの歯科医院経営では、予防診療による定期収入の確保が急務です。

宮川先生の小児診療は患者満足度が高いため、治療後、定期管理へステップアップする患児が増え続けます。

つまり、小児歯科の来院が増えれば増えるほど、先生のクリニックには定期管理の患児が増え続け、定期収入も増え続けるのです。

また、小児歯科の来院が増えれば、自然と矯正の相談も多くなりますから、自費診療の受療率を高めることも難しくありません。

ご自宅から参加できますし、アーカイブ配信もございますので、急遽当日参加できなくても後日視聴できます。

ぜひ安心して、今すぐお申し込み下さいませ…

ウェビナーの内容の一部を公開すると…

  • 小児歯科を不採算診療にしない方法
    従来のやり方だと、どうしても小児歯科は不採算診療になりがちです。しかし、宮川先生は、4つの方法を導入することで、この問題を解決しました。
  • 初診時には治療しません。しかし…
    宮川先生のクリニックでは4つのことを実践します。この取り組みは、次回来院以降の治療において、非常に重要なステップとなります。
  • 初診時のコミュニケーション法
    子どもは知らない人を警戒しますが、この問題を解消するには、初診時のコミュニケーションが重要。どのようにして、子どもと信頼関係を構築するのか?
  • 子どもに治療の必要性を理解してもらう方法
    宮川先生のクリニックでは、エックス線検査や歯周病検査において、おどろくほどわかりやすい解説を実践しています。子どもが前向きになれば、どれほど治療がやりやすくなるでしょうか?   
  • なぜ、子どもが「先生、治療をしてください」と言うのか?
    この時点で、かなり治療を進めやすい状態になっていますが、宮川先生のトレーニング法を実践すれば、どこのクリニックでも、子どもが自らの意志で「先生、治療をお願いします」と言うようになります。
  • なぜ、小児歯科はブロック診療なのか?
    その理由は、治療効率が高まるだけではなく、子どものモチベーション維持や、保護者の負担減少などのメリットがあるから。
  • 笑気吸入鎮静の必要性とは?
    この話を聞けば、小児歯科で笑気吸入鎮静が有益である事実に気づくでしょう。   
  • 症例映像(スタッフとの連携)
    小児歯科では、ドクターとスタッフの連携が重要です。なぜ、治療に入った後、スタッフは一言も発言しないのか?
  • 実は不採算にならない小児歯科
    もし、小児歯科だけで年間8,809,416点になったとしたら、不採算と呼べるでしょうか? 宮川先生の診療方法を実践すれば、この数字をムリなく実現できるのです。
  • むし歯治療が終わったら…
    いよいよ、本当のむし歯治療に入ります。定期管理を通じて、むし歯になる原因を改善し、むし歯にならない口腔環境を獲得していきます。小児歯科においても、予防歯科は重要です。   
  • 保護者にかけちゃう魔法とは?
    もし、口腔内がボロボロの患児が来院したら、先生ならばどうしますか? 間違えても、「どうして、こうなるまで放っておいたのですか?」と言ってはいけません。歯科医師として、どのような応対が適切なのか?
  • なぜ、小児の歯科治療が難しいのか?
    多くの先生が、小児歯科治療は難しいと悩みますが、その理由をこの機会に整理しませんか? 何ごとも、問題の原因を正しく知ることで、正しい解決法を理解できます。
  • 笑気吸入鎮静法で知っておくべきこと
    恐怖心の強い小児に対して有効な方法ですが、「子どもをおとなしくさせる方法」ではありません。自分の意志で吸入する必要があるなど、いくつかの注意点があります。
  • 笑気吸入鎮静法で必要なツール
    3つのツールを用意していただければ、どのクリニックでも笑気吸入鎮静法を導入できます。
  • 鎮静導入までの流れ
    脱窒素、吸入鎮静、治療開始の3ステップで、笑気吸入鎮静法を導入しますが、このレクチャーでは、各ステップにおける注意点を解説いたします。   
  • 眠らせてはいけません!
    笑気吸入鎮静法では、患児を眠らせた方が体動が少なくて良いと考える先生もいますが、この考え方は危険です。なぜなら、患児が、どのような夢を見るかは、コントロールできないから。   
  • 安全確実な笑気吸入鎮静法
    笑気導入の実演映像や、パルスオキシメーターの注意点を解説します。ぜひ、スタッフと一緒にご覧ください。  
  • 患児を主体的に参加させるには?
    治療そのものについては、患児に選択権はありません。しかし、治療以外のことについては、患児へ積極的に参加させる取り組みが必要です。  
  • 無痛的浸潤麻酔の手順
    小児歯科は、なるべく痛みを感じさせない治療が重要です。そのうえで、この無痛的浸潤麻酔の方法は、非常に効果的です。  
  • 浸潤麻酔で使う魔法のコトバ
    カウントダウン法を子ども向けにアレンジした「魔法のコトバ」が、浸潤麻酔のクオリティを向上させます。  
  • 咬傷を防止する方法
    治療後、患児を咬傷から守るには、この方法が効果的です。  

その他、映像教材では語られていない「宮川先生が伝えたいこと」や、Q&Aによる「質疑応答」も企画しています。

講師:宮川尚之
鹿児島県で、みやかわ小児矯正歯科、ハーミィ小児矯正歯科を開業。自費率30%でありながら、年間医業収入は2億円を突破。その秘訣は、子どもにも保護者にも評価が高い、小児歯科を提供しているから。彼が経営するクリニックには、ママ友のクチコミや紹介で、毎日たくさんの新患が来院する。

申し訳ありません。募集を締め切りました。
開催日時
2022年5月24日 19:30~20:50
参加方法
Zoom(開催当日にメールにてURLをご案内)
参加費
6,000円(税込6,600円)
アーカイブ映像の公開
あり