なぜ、この「宿主強化療法」を2週間 続けた結果、歯の動揺が74%改善し、 歯肉出血が止まったのか?

歯科医師法 第一条の目的を達成するために…

研究が進んだ今、歯周病は、多くの慢性疾患、変性疾患に影響すると言われています。歯科医師が日常的に処置する歯周病は、歯科医師法の第一条にある「国民の健康な生活の確保」を実現するため、さらに重要な位置を占めるようになりました。

今後の歯科医療で強く求められる分野

歯周病が全身の健康に影響することは、医科でも認知されてきました。そのため、医科歯科連携の取り組みは、以前よりも活発化。全身の健康を視野にいれた歯周治療は、これから歯科医療のスタンダードになります。大きな変革を迎えた歯科業界で活躍するには、よりレベルの高い歯周治療が必要です。歯周治療に長ければ、歯や口腔内だけを治すだけの歯科治療から、全身疾患までカバーする治療へ手を伸ばせます。

歯周治療が変わる「宿主強化療法」とは?

とはいえ、歯科医療の世界は、日進月歩。歯周治療についても、多くの考え方や方法が提唱されています。「何を信じれば良いのか?」と悩むかもしれませんが、ご安心ください。今回のプログラムで学べるのは、岡山大学名誉教授の「渡邊達夫」先生が、25年の科学的研究により、その成果を 確認してきた歯周治療法「宿主強化療法」です。歯周病原菌は、血液で繁殖するため、宿主を強化して歯肉出血を止めるのが効果的です。

「宿主強化療法」では、特殊なブラッシングで歯肉細胞の増殖を促し、潰瘍を修復し、歯肉出血を止めます。この歯周治療法では「従来の治療法と比較して、歯肉出血が1週間以内に有意に減少」「2週間で74%の動揺歯が改善」「6年間の観察で、抜歯本数が約1/2に減る」「口臭が治る」「歯周炎の再発がほとんどなくなる」などの成果が確認されています。「宿主強化療法」を学び、先生も、歯周治療でより優れた成果を目指しませんか?

歯肉出血、動揺歯、口臭、歯周炎再発などで成果が確認された「科学的な歯周治療法」とは?

  • 現代の歯周治療の位置づけ
  • 歯周治療と全身疾患について
  • 歯周病と菌血症
  • 科学とは何か?
  • 哲学と科学の相補性について
  • 健康の増進とは何か?
  • なぜ、歯を削ると学習能力が落ちるのか?
  • 動揺歯を抜歯する根拠はありません
  • 臼歯部補綴装置の相違による比較
  • Evidence-based Medicine (EBM)とは?
  • 歯周病の科学について
  • 歯周ポケットの自然免疫について
  • 現行の歯周治療における批判的吟味とは?
  • ブラッシングで細菌は取り除けません
  • 歯肉出血について
  • 歯肉出血を止めるには?
  • つまようじ法とは?
  • 歯周治療のゴールとは?
  • どうやって宿主が強化されるのか?
  • ブラッシングによる細胞増殖
  • なぜ「つまようじ法」で、歯の動揺が改善したのか?
  • 「つまようじ法」治療の実践
  • TAPG®の使用方法

なぜ、この「宿主強化療法」を2週間 続けた結果、歯の動揺が74%改善し、 歯肉出血が止まったのか?

歯科医師法 第一条の目的を達成するために…

研究が進んだ今、歯周病は、多くの慢性疾患、変性疾患に影響すると言われています。歯科医師が日常的に処置する歯周病は、歯科医師法の第一条にある「国民の健康な生活の確保」を実現するため、さらに重要な位置を占めるようになりました。

今後の歯科医療で強く求められる分野

歯周病が全身の健康に影響することは、医科でも認知されてきました。そのため、医科歯科連携の取り組みは、以前よりも活発化。全身の健康を視野にいれた歯周治療は、これから歯科医療のスタンダードになります。大きな変革を迎えた歯科業界で活躍するには、よりレベルの高い歯周治療が必要です。歯周治療に長ければ、歯や口腔内だけを治すだけの歯科治療から、全身疾患までカバーする治療へ手を伸ばせます。

歯周治療が変わる「宿主強化療法」とは?

とはいえ、歯科医療の世界は、日進月歩。歯周治療についても、多くの考え方や方法が提唱されています。「何を信じれば良いのか?」と悩むかもしれませんが、ご安心ください。今回のプログラムで学べるのは、岡山大学名誉教授の「渡邊達夫」先生が、25年の科学的研究により、その成果を 確認してきた歯周治療法「宿主強化療法」です。歯周病原菌は、血液で繁殖するため、宿主を強化して歯肉出血を止めるのが効果的です。

「宿主強化療法」では、特殊なブラッシングで歯肉細胞の増殖を促し、潰瘍を修復し、歯肉出血を止めます。この歯周治療法では「従来の治療法と比較して、歯肉出血が1週間以内に有意に減少」「2週間で74%の動揺歯が改善」「6年間の観察で、抜歯本数が約1/2に減る」「口臭が治る」「歯周炎の再発がほとんどなくなる」などの成果が確認されています。「宿主強化療法」を学び、先生も、歯周治療でより優れた成果を目指しませんか?

歯肉出血、動揺歯、口臭、歯周炎再発などで成果が確認された「科学的な歯周治療法」とは?

  • 現代の歯周治療の位置づけ
  • 歯周治療と全身疾患について
  • 歯周病と菌血症
  • 科学とは何か?
  • 哲学と科学の相補性について
  • 健康の増進とは何か?
  • なぜ、歯を削ると学習能力が落ちるのか?
  • 動揺歯を抜歯する根拠はありません
  • 臼歯部補綴装置の相違による比較
  • Evidence-based Medicine (EBM)とは?
  • 歯周病の科学について
  • 歯周ポケットの自然免疫について
  • 現行の歯周治療における批判的吟味とは?
  • ブラッシングで細菌は取り除けません
  • 歯肉出血について
  • 歯肉出血を止めるには?
  • つまようじ法とは?
  • 歯周治療のゴールとは?
  • どうやって宿主が強化されるのか?
  • ブラッシングによる細胞増殖
  • なぜ「つまようじ法」で、歯の動揺が改善したのか?
  • 「つまようじ法」治療の実践
  • TAPG®の使用方法

講師:渡邊 達夫
歯科医師歴54年、岡山大学名誉教授、日本口腔衛生学会名誉会員、日本歯周病学会名誉会員であり、歯周病、予防歯科の研究、臨床を積みながら、現在も現役歯科医師として活躍。2020年秋に教育研究功労の瑞宝中綬章を授賞。「つまようじ法」の開発者。

収録内訳
3セクション(合計114分収録)
特典
レジュメデータ ・ 特典データ

Sec1:歯周病を科学の目で見る(46分)
はじめに/ 歯周治療の位置づけ/ 科学と歯周治療/ 哲学と科学の相補性/ 歯周病の科学/ 科学的考え方を学ぶ
Sec2:理論と実践と成果(36分)
健康な生活の確保と歯肉出血/ 宿主の強化/ 「つまようじ法」について/ 「つまようじ法」術者みがきの導入/ モチベーションのポイント
Sec3:臨床での応用 ―つまようじ法の実際―(32分)
「つまようじ法」治療の実践/ 歯周治療のその先/ 歯周治療で悩んでください/ 実演解説 TAPG®の使用方法とつまようじ法/ まとめ
通常価格 56,980円
特別価格43,980円(税込48,378円)
(特別価格販売は8月16日まで)