「自費率アップ!金属アレルギーの理解が患者教育に繋がる」ZOOMセミナー

金属アレルギーに詳しい歯科医師は0.1%以下…

これが金属アレルギーに詳しいドクターの実態です。つまり、世の中に知らない人はいないほど金属アレルギーという言葉は浸透しているのに、専門家不在の状況なのです。とはいえ、金属アレルギーを学べば、本当に収益につながるのか、また学んだとしても治療が不安だと感じならば、ご安心下さい。

どうやって自費補綴につなげるの?

押村先生の医院は、高い自費補綴率を誇りますが、それは、患者さん本位で一生懸命に取り組むうちにセラミックを選ぶ患者さんが自然に増えたから。結果的に収益につながっていったのです。そして押村先生はこう考えました。

「自分以外にも金属アレルギーに強い歯科医師がたくさんいれば、もっと多くの患者さんを救えるはず…」「ならば、自院を成功モデルケースをとして、その手法をそっくりそのままお伝えすることで、もっと多くの金属アレルギーに悩める患者さんを救いながらも、収益アップできる先生が増えるのではないか?」と。

今回は、そんな押村氏を講師に迎え、Zoomによるライブセミナーを行なうことになりました。テーマは「自費率アップ、金属アレルギーの理解」

このZoomライブセミナーでは、金属アレルギーの基本から、押村先生の成功モデルまで、先生が明日から実践する上で重要なポイントを学ぶことができます。

Zoomセミナーの内容の一部を公開すると…

  • 正しいのはどっち? インプラント埋入後に頭皮に湿疹を発症…
    インプラントを外すべきか? 外さなくても問題はないのか? 患者さんの信頼を損ねない判断方法…こうすれば判断を誤って返金騒動に巻き込まれる心配もなくなるでしょう。
  • 先生は金属アレルギーについてどこまでご存じですか?…
    金属アレルギーの症状、診断方法、発症する機序。さらには歯科金属の成分や除去時の注意点。置き換えるべき材料、皮膚科へのオーダー方法、アフターフォローの注意点など、基本の“き”からしっかり学ぶことができます。
  • 金属アレルギーにおける2つの種類とその対処法…
    下顎だけ金属を外した理由とは? 口腔偏平苔癬(口腔アレルギー)を主訴に来院の患者さんのケース事例と、金属アレルギーの疑いがある方に安心して治療を受けてもらうための安全性の高い手順を学べます。
  • 皮膚科医に紹介状を書くときに絶対にやってはいけないこと…
    それは、あるたった1つの情報を書き漏らすことです。ほんの1行程度の文字数ですが、書き漏らせば、患者さんが地獄を見ることになるかもしれません。
  • 簡単でスグにできる“誠実で失敗しない皮膚科医”の探し方とは?…
    ウェブでも簡単に調べることができます。ただし、調べる際は必ずこの○○を注意深く見てください。
  • 警告! パッチテストの結果のすべてを信じてはいけません!…
    90%の皮膚科医が難しいと感じているパッチテスト。実は、10院に1院くらいしかないこの皮膚科にお願いするのが正解です。偽陰性・偽陽性の判断精度も高まり誤診を減らすことができます。
  • 超ド級の破壊力! 患者さんがセラミックを入れたくなるスゴい例え話…
    他の人にも話したくなるほどのインパクトがあるでしょう。一度聞いたら絶対に頭から離れず、患者さんの心に影響し続けます。患者さんが自ら「セラミックでお願いします」と願い出たくなる方法。
  • 自費率を上げるためにすること。セールススクリプトを覚えるのは2番目なのですが…
    1番目は何でしょうか? 自費率を上げるすべてがここにあります。お金も時間もかかりません。一見遠回りでも、実はものすごい利益を生み出すことができる方法(ヒント:先生の気持ち一つで○○を改善することです)。
  • 強烈に自費率を上げる唯一の“地味で大胆”な方法…
    普通の歯科医なら絶対に嫌がります。ところが、押村先生が実証済みのある手順を踏むと、不思議と患者さんはセラミックを選びたくなります。患者さんの安心感や信頼感を高めつつ、心に楔を打ち込むそのタイミングとは?(注)教材をご覧になった先生は、自費率も上がるのでこの時間が好きになるはずです。

「自費率アップ!金属アレルギーの理解が患者教育に繋がる」ZOOMセミナー

金属アレルギーに詳しい歯科医師は0.1%以下…

これが金属アレルギーに詳しいドクターの実態です。つまり、世の中に知らない人はいないほど金属アレルギーという言葉は浸透しているのに、専門家不在の状況なのです。とはいえ、金属アレルギーを学べば、本当に収益につながるのか、また学んだとしても治療が不安だと感じならば、ご安心下さい。

どうやって自費補綴につなげるの?

押村先生の医院は、高い自費補綴率を誇りますが、それは、患者さん本位で一生懸命に取り組むうちにセラミックを選ぶ患者さんが自然に増えたから。結果的に収益につながっていったのです。そして押村先生はこう考えました。

「自分以外にも金属アレルギーに強い歯科医師がたくさんいれば、もっと多くの患者さんを救えるはず…」「ならば、自院を成功モデルケースをとして、その手法をそっくりそのままお伝えすることで、もっと多くの金属アレルギーに悩める患者さんを救いながらも、収益アップできる先生が増えるのではないか?」と。

今回は、そんな押村氏を講師に迎え、Zoomによるライブセミナーを行なうことになりました。テーマは「自費率アップ、金属アレルギーの理解」

このZoomライブセミナーでは、金属アレルギーの基本から、押村先生の成功モデルまで、先生が明日から実践する上で重要なポイントを学ぶことができます。

Zoomセミナーの内容の一部を公開すると…

  • 正しいのはどっち? インプラント埋入後に頭皮に湿疹を発症…
    インプラントを外すべきか? 外さなくても問題はないのか? 患者さんの信頼を損ねない判断方法…こうすれば判断を誤って返金騒動に巻き込まれる心配もなくなるでしょう。
  • 先生は金属アレルギーについてどこまでご存じですか?…
    金属アレルギーの症状、診断方法、発症する機序。さらには歯科金属の成分や除去時の注意点。置き換えるべき材料、皮膚科へのオーダー方法、アフターフォローの注意点など、基本の“き”からしっかり学ぶことができます。
  • 金属アレルギーにおける2つの種類とその対処法…
    下顎だけ金属を外した理由とは? 口腔偏平苔癬(口腔アレルギー)を主訴に来院の患者さんのケース事例と、金属アレルギーの疑いがある方に安心して治療を受けてもらうための安全性の高い手順を学べます。
  • 皮膚科医に紹介状を書くときに絶対にやってはいけないこと…
    それは、あるたった1つの情報を書き漏らすことです。ほんの1行程度の文字数ですが、書き漏らせば、患者さんが地獄を見ることになるかもしれません。
  • 簡単でスグにできる“誠実で失敗しない皮膚科医”の探し方とは?…
    ウェブでも簡単に調べることができます。ただし、調べる際は必ずこの○○を注意深く見てください。
  • 警告! パッチテストの結果のすべてを信じてはいけません!…
    90%の皮膚科医が難しいと感じているパッチテスト。実は、10院に1院くらいしかないこの皮膚科にお願いするのが正解です。偽陰性・偽陽性の判断精度も高まり誤診を減らすことができます。
  • 超ド級の破壊力! 患者さんがセラミックを入れたくなるスゴい例え話…
    他の人にも話したくなるほどのインパクトがあるでしょう。一度聞いたら絶対に頭から離れず、患者さんの心に影響し続けます。患者さんが自ら「セラミックでお願いします」と願い出たくなる方法。
  • 自費率を上げるためにすること。セールススクリプトを覚えるのは2番目なのですが…
    1番目は何でしょうか? 自費率を上げるすべてがここにあります。お金も時間もかかりません。一見遠回りでも、実はものすごい利益を生み出すことができる方法(ヒント:先生の気持ち一つで○○を改善することです)。
  • 強烈に自費率を上げる唯一の“地味で大胆”な方法…
    普通の歯科医なら絶対に嫌がります。ところが、押村先生が実証済みのある手順を踏むと、不思議と患者さんはセラミックを選びたくなります。患者さんの安心感や信頼感を高めつつ、心に楔を打ち込むそのタイミングとは?(注)教材をご覧になった先生は、自費率も上がるのでこの時間が好きになるはずです。

講師:押村憲昭
歯科医師歴10年以上のべ1万人を超える治療実績を持つ。年間3,000人以上の患者が来院し、メディア出演、各学会などでの指導経験、講演活動も豊富。金属アレルギーへの理解の深さはもちろん、金属アレルギーを収益化につなげるノウハウを確立した国内屈指の存在。

開催日時
2021年9月22日 19:30~21:00
参加方法
Zoom(開催当日にメールにてURLをご案内)
参加費
5,000円(税込5,500円)
申し訳ありません。募集を締め切りました。